Home > 会社概要 > 経営理念

日本全体が元気になり、次世代の日本人が誇りに思える社会を実現します。
そのためには、夢に結びつく活動を応援し、お互いの夢を奏でることが
大切です。
地域間・世代間の懸け橋となる地域コーディネーターを育成します。

 次世代の日本人が誇りに思える社会を実現するためには、現代の日本全体が元気でなければなりません。日本全体が元気になるためには、個々人の夢を叶えていく必要があるでしょう。閉塞感がある現代、夢を描いて具現化している人たちがどれ程いるでしょうか? 私たちは、日本が高度経済成長時代のような元気を取り戻すために個々人が夢を描き、夢に結びつく活動を実践することを応援していきます。そして、お互いの夢を奏で、地域コミュニティの共感・感動の環を創出することができれば、結果として地域を日本を元気にすることができ、次世代の日本人に誇れる社会を実現していくことができるでしょう。

 では、夢を描くためには、私たちはどのような活動をすべきなのでしょうか? 夢を描くことは簡単ではないし、自分の原体験以外から想像することは難しいことでしょう。だからこそ、私たちは、いろいろな体験活動を重ねて原体験を増やすべきですし、その時の気持ちや思いを大切にするべきです。その気持ちや思いが夢を叶える原動力になるわけですから。その原点の気持ちや思いを夢に変えるためには、生きていくための飯の種であるお金等に変えていく必要もあるでしょう。ゆえに、私たちは「原氣」という言葉を重要視します。よって、地域コミュニティが商品やサービスに込めた気持ちを提供することで市場からお金を引っ張って、地域内経済活動につなげることを応援・支援することが当社の活動理念にもつながっているのです。

 また、日本全体が元気になるためには、地域コミュニティ全体がWin-Win関係を構築し、持続可能な社会へとリード・変革できる案内役の創造が必要です。そのような案内役が、当社の考える地域コーディネーターの活動です。よって、日本が誇る伝統文化と匠技術に光を当てた“粋”で「和」の世界と、現代の革新的でかっこよい「洋」のライフスタイルの世界といった本物の融合による真の国産品や地域サービスを創出することが地域コーディネーターの役割だと考え実行しています。多様な事象が複雑に絡み合うネットワーク社会ニッポン。このような社会では、「個」の専門性が深化するかわりに、利害関係が拡大します。このような「個」の権利を調整し、Win-Win関係を維持する地域コーディネーターの役割は大きいのです。

 私たち地域コーディネーターは新しいニッポンと、付加価値向上につながる新たな出会いを創出するための架け橋になることを約束します!また、こだわりの思いをもった地域コーディネーターを育成してネットワーク化していきます。

原気 結夢 融合 夢奏

国産株式会社 Home サイトマップ